04.11 2024

  • boco to decoシリーズ

    #暮らしの拾いもの

    一見いらないもの、自分に関係のないように思えるものも、少し視点を変えればやさしく光り出す。そんな気付きをひっそりと拾っていく、日常エッセイ。

この間、友人に誘われて焚き火のイベントに参加してみた。

イベントといっても、人数に応じて場所代だけ払えば、河川敷の広場の決められたエリア内で自由に焚き火を楽しめるというもの。

焚き火台や椅子などは有料でレンタルすることも可能で、アウトドア経験がない人でも気軽に利用できる。

友人から送られてきたマップをよくよく確認すると、たまにパートナーとバドミントンをしにいく広場だったから驚いた。

あそこで焚き火をやっているのなんて、見たことないぞ……と思っていたら、どうやら市の社会実験の一環として、最近試験的に始めたものらしい。

普段は17時を過ぎると、サッカーボールを蹴っていた少年も、ピクニックをしていた家族連れも、川釣りをしていたお父さんも、みんな片付けをしはじめて家路に着く。

人がほとんどいなくなった河川敷は、昼間の賑わいが嘘みたいにしんと静まり、たまに橋を通り過ぎる電車の音だけが響く。
 



でもその日の広場には人が集い、いくつもの火が灯っていた。新鮮な光景だ。

椅子を並べておしゃべりするカップル、焚き火台で簡単な調理を楽しむグループ……

みんな思い思いの時間を過ごしている。

昼とはまた違う、大人たちの憩いの場という趣。

焚き火を囲むと、つい語りたくなるのはなぜだろう。

人生観、周囲に言いづらかった悩みや本音。

カフェや居酒屋で話すのとはまた違う深度の話ができるような気がする。

私たちも時間を忘れて、気づけば4時間くらいひたすら話していた。
 



使われていなかった夜の広場に明かりが灯り、たくさんの語りが生まれている。

語りを通してより相手との距離が近づいたり、揺らめく火に心が癒されたりする。

参加者同士も互いに干渉することなく、それぞれの世界が存在する感じがとても心地良かった。

空いている時間帯をこうして活用できたらすごくハッピーだ。

あれから一週間、もうすでに河川敷で焚き火をしたくてうずうずしている。

(おわり)

  • ライター・編集者

    むらやま あき

    1995年長野生まれ。おもにインタビュー記事やエッセイを書いています。1本80円のやきとんとレモンサワーがあれば、結構しあわせ。頑張らなくてもハッピーに生きる方法を模索中。

エッセイの感想をぜひおきかせください♪

POST COMMENT

コメントを投稿する

ニックネーム 必須
※14文字以内
エラー文言が入ります
コメント 必須
エラー文言が入ります

  • ※ご投稿いただいたコメントは、ていねい通販公式SNS(Twitter・Instagramなど)にて
    ご紹介させていただく可能性がございます。
  • ※公序良俗に反する、著作権を侵害する、個人情報漏えいといった内容を含むご投稿はお控えくださいませ。
    場合により、弊社にて投稿内容を編集・削除させていただく可能性がございます。

POST COMMENT

投稿内容確認

ていねい花子
今更ですが、自分の幸せのシーンをイラストにして載せていただきとても嬉しいです。保存しました♥️ありがとうございます!

※一度投稿すると、削除・編集操作を行うことができません。
投稿内容にお間違いはございませんか?

POST COMMENT

送信完了

ご投稿ありがとうございます。
いただいたコメントの掲載には、少々お時間を頂戴しています。
今しばらくお待ちくださいませ。

ていねい通信トップに戻る