02.26 2024

  • ていねい通販 ブランド企画

    スタッフ 尾中

    何かを学び始めることに、遅いなんてことはない…。今回はそんな言葉を実感した、私の“挑戦”についてお話します!

コミュニケーションで人の力になれる喜び

コロナ禍が落ち着き、しばらく経った頃でしょうか。

仕事帰りの道で外国人観光客のご夫婦に道を聞かれたことがありました。

今では珍しくもない場面なのですが、私にとってはこれが人生で初の体験。

学生時代の記憶を頼りにたどたどしい英語でご案内したところ、その奥様が“Thank you♪”と優しくハグしてくれたんです。

わずか数分のやりとりでしたが、異国での思い出作りをお手伝いできた気がして、私もなんだか嬉しい気持ちに。

ニンマリしながら家路に着きました。

同時に実感したのが、小さな関わりから人の役に立てるコミュニケーションの素晴らしさ。

この経験がきっかけとなり、昔からずっと興味があった【手話】を学び始めたんです。

スタッフ 尾中
お恥ずかしながら手話への興味は、子どもの頃に見たドラマの影響。でも、それだけ憧れは長かったんですよ~!

今から学んでも…と、なかなか挑戦に踏み出せなかった私ですが、いざ始めてみると自分が持っていたイメージと実際の【手話】の違いにビックリ!

まだまだ勉強途中の私ですが、今回はその“学び”についてお話させてください。

【手話】は“手段”ではなく、ひとつの“言語”

【手話】を学ぶ講座で最初に先生が教えてくださったのは、「手話とは“言語”である」ということ。

つまり日本語や英語などと同じように、ひとつの独立した“言葉”なのです。

だからもちろん、日本には日本の、海外の国にはその国の表現があり、普段、私たちがテレビのニュースなどで見る手話は世界共通ではありません。

違う国の人々が一堂に集う場では、“国際手話”という世界共通の手話が用いられることも

例えば、聞こえない、日本語にも不安のある外国人が日本で生活する場合、緊急時のサポートの方法もさらに工夫が必要というワケです。

また、【手話】とは “見る言葉”だけに、指や手の動きに加えて、顔の表情にも意味が生まれます。

手話通訳者の方が、困った顔や驚いた顔を見せるのは、その意味をより明確に伝えるためなんです。

会社での会議や講演会・講習会などで、手話通訳がつくケースも増えているんだとか
スタッフ 尾中
指や手の動きが同じに見えても、動作の大きさや速さによって意味も変わるのが手話。本当に表現が繊細!

英語などの外国語と同じように手話に関する資格もあり、厚生労働省認定の「手話通訳士」や都道府県認定の「手話通訳者」といった公的資格から、独学でも挑戦しやすい民間資格まで種類・レベルもさまざま。

お次はそんな【手話】の学び方について紹介していきましょ~。

自分の興味に合わせて楽しく【手話】体験

コミュニケーションにもバリアフリーが求められる現代では、手話関連の書籍や手話を解説した動画も気軽に見つけられ、さまざまな学び方が可能です。

私の視点でレベル別にカテゴリー分けしてみると…

①本格的に学ぶなら:
地方自治体が主催する手話講習会


福祉サービスの向上や手話の普及、通訳者の養成などを目的とした講習会です。

講座のレベルや開催時期などは各自治体で異なるので、詳しくは問合せを。公的資格の取得試験に挑みたい人は、この講習会の修了が受験資格になります。

②まずは体験を楽しむなら:
地域の手話サークル


まずは手話を体験したいという人は、地域のサークルに参加するという方法も。

活動内容やメンバー募集の情報について、SNSで発信している団体もあります。見学OKなところが多く、最初に雰囲気を確かめられるのも安心!

③マイペースで趣味にするなら:
お家で独学


新しい趣味や学びとして手話を楽しみたい場合は、やっぱり独学が気軽。
テレビの講座番組や動画サイト、書籍やアプリなど、いろいろ試してみるのも楽しいですよ~。

いざ【手話】を体験してみると、「なるほど、確かに動きと意味がリンクしてるなぁ…」という感動がいっぱい!

今では日々の手話ニュースのチェックが、楽しみな学びの習慣になっています。

スタッフ 尾中
やるなら上をめざそうと私は市の講習会に参加。自治体の福祉への取り組みもわかって勉強になりました。

手話を学び始めて出会った私の発見!

以前の私は、【手話】を“福祉”や“社会貢献”といった堅苦しい枠に当てはめていました。

でも言語のひとつと知ってからは、より多くの人とつながり合えるコミュニケーションツールだとシンプルにとらえるようになりました。

スマホも便利なコミュニケーションツールのひとつ。工夫ひとつで誰とでもつながれるのです

語学の習得には語彙力の向上が大事と言われますが、私自身、別の趣味である読書でも言葉の意味を深く噛みしめる意識が生まれ、その相乗効果から知識や表現の幅が広がった気がします。

また、耳が聞こえない方と実際に関わりを持てたことで、得たたくさんの気づきも。

ひとつの例が、エレベーターの非常ボタンです。

トラブル時に緊急ボタンを押せても、その後に始まる音声のやりとりは行えない…。そんなリアルなお話を聞いてハッとさせられました。

普段の配慮に、もう一歩寄り添った心遣いがあれば、より多くの人に優しい毎日が生まれる。

このことを学べただけでも、新しい挑戦を始めた甲斐があったなぁ…と。

だからもし、皆さんがいま何かに興味を持っているのなら、ぜひ分野や年齢を気にせず挑戦を楽しんでほしいな…って思うんです。

「私も◎◎を始めたよ~」なんてお話があれば聞かせてくださいね♪

記事の感想をぜひお聞かせください

ソワカ
偉いなぁと思います。私は、左側声帯麻痺と肉芽が出来てて、反対側が麻痺したら、手術と言われてます。声が出なくなるのかな?と思うより、息ができなくなる?とかの不安でしょうか?もう15年病院通いで忘れていました。最初に聞いたときに、声が出なくなったら、手話?と思ったから。でも、まずは息ができるかかも。だから、たまに免許証に、脳死したらどこかを臓器提供することを書いておくべきかと思ったり。今は、無言で食事して誤嚥性肺炎を気をつけて咳止めなんかをのみながら、暮らしているだけです。だから、手話で話せたら理解できたら、これから安心して生活できるかもと思いました。
2024年03月27日
ていねい通販スタッフ 尾中
ソワカさま、コメントいただきありがとうございます♪お身体に不安を抱えて生活されておられるとのこと。手話で話せることで少しでも日ごろの不安がやわらいで、お話できればいいなと思いました。奥が深い手話ですが、通じるようになるととても喜びを感じます。ソワカさまの毎日に手話が役に立つことができるきっかけになれればうれしいです。私もまだまだ未熟ですが、どんどん深めていければと思います。お身体大切になさってください。
2024年03月29日
カオル
私の耳が聞こえません 尾中さん手話勉強中ってとても素晴らしいです✨✨うれしいです✨✨ 頑張ってください✨✨ ありがとうございます✨✨
2024年03月25日
ていねい通販スタッフ 尾中
カオルさま、コメントいただきありがとうございます♪うれしいお言葉ありがとうございます(*^-^*)生活の延長の手話から始まり、あいさつなどジワジワと広げていく中でお互いのコミュニケーションが取れた時の、なんとも言えないほんわかした雰囲気。純粋にいいな~と思ってここまで来ました!まだまだあれ?と思うこともあり、ゆっくりとしたペースですが、はじめて良かったなと思います♪また色々とお話お聞かせください(*^^*)
2024年03月26日
だるこ
私も 手話を15年位前から習い TVでやっている手話の読み取りくらいなら何とか ついていけます笑
2024年03月24日
ていねい通販スタッフ 尾中
だるこさま、コメントいただきありがとうございます♪だるこさまも手話されているんですね!読み取りとりついていけるなんてすごいです!少し前にドラマでまた手話が話題になりましたが、その時に読み取れたらすごくうれしいなと思いました。まだまだえ~っとと頭真っ白になることもありますが、つながる喜びを広げていけたらいいなと思っています(*^-^*)
2024年03月26日

POST COMMENT

コメントを投稿する

ニックネーム 必須
※14文字以内
エラー文言が入ります
コメント 必須
エラー文言が入ります

  • ※ご投稿いただいたコメントは、ていねい通販公式SNS(Twitter・Instagramなど)にて
    ご紹介させていただく可能性がございます。
  • ※公序良俗に反する、著作権を侵害する、個人情報漏えいといった内容を含むご投稿はお控えくださいませ。
    場合により、弊社にて投稿内容を編集・削除させていただく可能性がございます。

POST COMMENT

投稿内容確認

ていねい花子
今更ですが、自分の幸せのシーンをイラストにして載せていただきとても嬉しいです。保存しました♥️ありがとうございます!

※一度投稿すると、削除・編集操作を行うことができません。
投稿内容にお間違いはございませんか?

POST COMMENT

送信完了

ご投稿ありがとうございます。
いただいたコメントの掲載には、少々お時間を頂戴しています。
今しばらくお待ちくださいませ。

ていねい通信トップに戻る