10.30 2023

  • ていねい通販 ブランド企画

    スタッフ 尾中

    久々にスマホとパソコンを買い替えた私。昔はデータの引継ぎに苦労したのに、今ってこんなに簡単にできるんだ!やっぱりこれもITの進化ってヤツ?

IT、ICT、IoTにDX…。それぞれの意味知ってる?

ちょっと前に“IT”なる言葉が広がったと思ったら、知らない間に【ICT】や【IoT】など、似たような言葉が生まれている今日この頃。

“結局、どれも同じでしょ!”なんて、わかったふりをしていたのはこの私です(笑)。

最初に広がったITとはいわゆる“情報技術”のことで、パソコンやOA機器(ハードウェア)、OSやアプリケーション(=ソフトウェア)、それらを動かすシステムやネットワークなど、情報に関する全般的な分野を表す言葉です。

では、それに似た2つの言葉はどんな意味を持つのでしょう。

ICT
情報技術を使ったコミュニケーションのこと
= 例:Eメール、SNS、ATM、ネットショッピング など

IoT
モノがインターネットでつながること
= 例:外部から操作できる家電、自動運転ができる車 など

どちらも社会を便利にしてくれるものであり、私たちの暮らしにすっかり欠かせない分野なんですね。

スタッフ 尾中
いわゆるスマート家電もIoTのひとつ。私もアプリを連動してメニュー設定ができる電子レンジに助けてもらってます

ちなみに、最近よく目にする 【DX】という言葉は、こうしたデジタル技術の浸透によって暮らしや仕事など、社会全体をより良く、便利にすること。

例えば、遠隔手術などで過疎地域の医療問題を解決するのも、DXの動きのひとつです。

それぞれの言葉の意味を少しわかっているだけでも、いろんな話題やニュースが楽しくなるかもしれませんよ。

ICT&IoTへの理解が、毎日を豊かにする!

では、【ICT】や【IoT】を理解すること、活用することは、どんなメリットがあるんでしょう?

私が思うのは身近な生活がとても豊かに、そしてラクになることです。

ひとつの例が、自分のかけ声ひとつでさまざまな家電を操作してくれたり、知りたい情報を探してくれるスマートスピーカー。

予定やレシピを教えてくれたり、知らない言葉を調べてくれたりと、なんでも頼れる相棒に♪

1秒でも惜しい朝の時間帯や、料理中で両手を離せない時などに、とても重宝するんですよね~。

保育・教育の現場でもパソコンやタブレットの活用が当たり前になっているので、子どもたちは勉強中の疑問をすぐに調べられるし、ママの立場から見ても保護者への連絡事項がすぐチェックできて安心。

情報の収集・共有がとても便利になったと感じます。

スタッフ 尾中
私の子ども時代は、保護者への連絡プリントを渡し忘れてよく母に怒られたっけ…(笑)。

もちろん、情報の活用が身近になった現代だからこそ、逆を言えば情報を扱う知識やマナー…、いわゆる“情報リテラシー”を持っておくことも必要です。

その注意点を次のブロックで紹介していきましょう。

ICT時代に大事にしたい知識やルールは?

情報がすぐに手に入るということは、逆に情報が流出する恐れもあるということ。

特に小さな子どもがいる家庭では、そのリスクも大きくなります。

子どもがスマホやタブレットで何ができるのか?…を、そばで見守り、把握しておくことも大切

スマホの普及が急速に広まった2010年以降生まれの世代は、メディアやマーケティングなどの世界で“タッチスクリーン族”と呼ばれていて、4人に1人の乳児が何かしらの形でスマホを活用しているというデータも。

さらに3歳児になると約半数が、タップやスワイプ、縮小・拡大を意味するピンチイン・ピンチアウトなどの操作を覚えているんだとか。

スタッフ 尾中
そうそう!知らない間に動画サイトへ勝手にアクセスしていたりね。きっと親のやり方を見てるんだなぁ。

【ICT&IoT】時代のリスクを回避するためにも、小さな子どもがいる家庭では基本的な情報リテラシーを早くから教えることが大切!

そのためには親世代が、“何に注意すべきか?”、“何を教えるべきか”という知識を持っておきたいものです。

今の時代に考えたいおうちルールの一例

・スマホやパソコンのパスワードを小さな子どもに教えない。解除する時も手元を見せないようにする

・自分だけでなく、家族や友達に関する情報も、ネット上に書き込まないと約束する

・スマホだけでなく、テレビやゲームでも、使えるアプリや時間帯などに制限をかける

・ネット関連の事件やトラブルを知った時は、家族やママ友たちと情報共有をしておく

・何かの承認が求められた時は、必ず“いいえ”を選択させる など

どれも基本的な内容ですが、よければ参考にしてみてくださいね。

便利な時代の中でも、世代間の素敵な交流を

職場でも日常生活でも、人づきあいで難しいのは世代間のギャップ。

もちろん人それぞれの性格はありますが、IT機器やSNSに触れながら育った世代は、人の目や評価を気にしすぎたり、効率性ばかりにとらわれる一面も目立つと言われます。

違う世代で育った人からすれば、その姿は消極的に映るかもしれません。

逆に若者世代の視点では、ITの活用にうとい世代のやり方・考え方が、非効率的に見えるでしょう。

日々のコミュニケーションを気持ち良くするには、お互いの生まれ育った時代や社会背景も考慮して、違う考え方を尊重しあうのが一番!

IT機器やSNSの使い方を共有しておけば、コミュニケーションもより気軽で楽しくなるはず

今の時代ならば、上の世代がネットの情報だけでは見えない経験を伝えてあげる、若い世代が便利な【ICT&IoT】活用術を教えてあげる…といった交流も素敵ですよね。

デジタルの時代でも、人づきあいはじっくり、のんびりと。

自分にはない価値観との出会いを楽しんではいかが?

記事の感想など、ぜひお聞かせください(*^^*)

POST COMMENT

コメントを投稿する

ニックネーム 必須
※14文字以内
エラー文言が入ります
コメント 必須
エラー文言が入ります

  • ※ご投稿いただいたコメントは、ていねい通販公式SNS(Twitter・Instagramなど)にて
    ご紹介させていただく可能性がございます。
  • ※公序良俗に反する、著作権を侵害する、個人情報漏えいといった内容を含むご投稿はお控えくださいませ。
    場合により、弊社にて投稿内容を編集・削除させていただく可能性がございます。

POST COMMENT

投稿内容確認

ていねい花子
今更ですが、自分の幸せのシーンをイラストにして載せていただきとても嬉しいです。保存しました♥️ありがとうございます!

※一度投稿すると、削除・編集操作を行うことができません。
投稿内容にお間違いはございませんか?

POST COMMENT

送信完了

ご投稿ありがとうございます。
いただいたコメントの掲載には、少々お時間を頂戴しています。
今しばらくお待ちくださいませ。

ていねい通信トップに戻る