08.06 2020

スタッフ尾中
こんにちは!ていねい通販の尾中です。 夏のお楽しみといえば、夏祭り!賑やかな声や音。ずらーっと並んだ屋台においしそうな香り……。心が弾む夏の風物詩ですよね♪ しかし今年は、夏祭りも軒並み中止に。そこでこの機会に、おうちで縁日気分を味わってみませんか?縁日の定番メニューを自宅でアレンジしながら楽しめば、ご家族で盛り上がること間違いなしです! 今回も、おかし作りのプロであるサカ田シオリ先生に、縁日フードをおうちで楽しむレシピを教えていただきました。
サカ田先生
こんにちは♪ お祭り気分をおうちでも楽しめるカンタンお祭りレシピを5つ、ご紹介させていただきますね!

チョコバナナのひんやりアイス

サカ田先生
バナナを軽くつぶして凍らせることで、アイスみたいなシャリシャリ食感に!夏にぴったりのひんやり冷たいデザートです。
スタッフ尾中
お好みのトッピングでかわいくデコレーションしても楽しめそうですね♪

【材料】
・バナナ 1本
・チョコレート 50g
・トッピング(チョコスプレー/アーモンドスライス/アラザンなど) 適量

【用意するもの】
・割りばし

【作り方】
①バナナを半分に切ります。
②割りばしを刺します。
③ラップで包み、手のひらで軽くつぶします。
④冷凍庫で1時間以上凍らせます。
⑤チョコレートを細かく刻み、湯せんで溶かします。
⑥⑤を④のバナナにつけて、素早くトッピングを散らして完成です。

ベビーカステラと2種類のディップ

サカ田先生
お祭りの定番ベビーカステラも、たこ焼き器でお手軽に作れちゃいます。2種類のディップをたっぷりつけて、おしゃれなカフェ風スイーツに!

【材料】
・ホットケーキミックス 150g
・卵 1個
・はちみつ 大さじ2
・みりん 大さじ2
・牛乳 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・サラダ油 大さじ2

(チョコレートディップ)
・チョコレート 50g
・生クリーム 30g
(クリームチーズディップ)
・クリームチーズ 50g
・生クリーム 40g
・グラニュー糖 15g
・レモン汁 5g

【用意するもの】
・たこ焼き器

ディップの作り方

(チョコレートディップ)
①チョコレートを細かく刻み、ボウルに入れます。
②生クリームを小鍋で沸騰直前まで温め、チョコレートに注ぎます。
③ゴムベラでよく混ぜて溶かし、ディップ用の容器に入れます。
(クリームチーズディップ)
①クリームチーズディップの材料を全てボウルに入れ、ハンドミキサーで滑らかになるまで混ぜ合わせます。
②ディップ用の容器に入れます。

ベビーカステラの作り方

①ボウルにホットケーキミックスを入れ、真ん中にくぼみを作ります。
②くぼみに卵を割り入れ、はちみつ・みりん・牛乳・砂糖・サラダ油を加えます。
③卵を割りほぐすようにして、中心から少しずつ円を描くように、くるくる混ぜていきます。
ダマにならずに混ざったら生地は完成です。
④たこ焼き器のスイッチを入れて、温まってきたら一旦スイッチを切ります。
生地を穴の8分目まで流します。

サカ田先生
たこ焼きのように一気に流すと入れすぎてしまうので、スプーンなどで穴にひとつずつ入れていくのがおすすめです。

⑤生地を流し終えたら、再びスイッチを入れます。
ぷくぷく生地が膨らみ始めたら、竹串で生地をひっくり返して反対側も焼きます。
⑥両面がこんがりきつね色に焼けたら、お皿に盛りつけます。
⑦チョコレートディップやクリームチーズディップをつけて、お好みでチョコスプレーやアーモンドなどを散らして完成です♪

サカ田先生
余ったチョコレートディップは牛乳と割って、チョコレートドリンクにして飲むのもおすすめですよ(*^^*)

カラフル九龍球(クーロンキュウ)

サカ田先生
香港で生まれた、まんまるでかわいい寒天ゼリーです。寒天自体の甘さが控えめなので、お好みのシロップやサイダーに浮かべるとよりおいしく、キラキラかわいいデザートになります!

【材料】
・水 150cc
・粉寒天 2g
・砂糖 25g
・レモン汁 小さじ1/2
・お好みのフルーツ(今回はチェリー/みかん/パイナップルを使用) 適量

【用意するもの】
・丸型の製氷機

【作り方】
①水・粉寒天・砂糖を鍋に入れて中火にかけ、木べらで混ぜながら粉寒天と砂糖を溶かします。
②沸騰したら、さらに1~2分加熱して火を止めます。
③レモン汁を加えて混ぜます。
④フルーツは型に入るサイズに細かくカットします。
⑤型にフルーツを入れます。
⑥③を型にあふれるくらいまで流し入れます。
⑦上から蓋をして、冷蔵庫で30分以上冷やし固めます。
⑧固まったら蓋を開けてゼリーを傷つけないよう、たこ焼きをひっくり返す要領で取り出します。
⑨器に入れて、お好みでサイダーやシロップをかけたら完成です。

サカ田先生
寒天は色付けしなくとも、透明なのでフルーツの色がそのまま出るんですよ♪ 
スタッフ尾中
ヨーヨーみたいな見た目に、縁日気分も盛り上がりますね〜!

のび〜るチーズハットグ

スタッフ尾中
韓国から大流行して、今やお祭りでも必ず見かけるチーズハットグ。食パンを使うことで、生地作りの手間が省けてとっても手軽にできるんですよね!
サカ田先生
そうなんです!揚げ焼きなので、油も少量でOK。 手作りでもちゃんと、チーズがびよーんと伸びるあの味になります♪

【材料】(2本分) 
・さけるチーズ 2本
・スライスチーズ(とろけるタイプ) 2枚
・食パン 2枚
・卵 1個
・パン粉 適量
・揚げ油 適量
・ケチャップ 適量
・マスタード お好みで

【用意するもの】
・竹串
・爪楊枝

【作り方】
①さけるチーズに竹串を刺します。
②①の周りにスライスチーズを巻きつけます。
③食パンの耳をカットし、チーズの周りに巻き付けます。
巻き終わりは3ヵ所ほど爪楊枝でとめておきます。
④溶き卵にくぐらせ、パン粉を全面にまぶします。
⑤フライパンに油を約1cm入れて中火で温め、両面を揚げ焼きします。
⑥お好みでケチャップやマスタードをかけて完成です。

夏野菜のさわやかピクルス

スタッフ尾中
私、お祭りで食べるきゅうりの1本漬けが、実は1番好きなんです!ひんやり冷たくて夏の暑さを忘れさせてくれますよね。
サカ田先生
今回はきゅうりだけでなく、今が旬の夏野菜をまとめてピクルスにできるメニューを紹介します。瓶詰にすれば長持ちして、見た目も涼しげですよ♪

【材料】
(ピクルス液)
・酢 200cc
・水 180cc
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1
・鷹の爪 お好みで
・お好みの野菜(今回はきゅうり/プチトマト/パプリカを使用) 適量

【用意するもの】
・瓶 

【作り方】
①プチトマトはヘタを取ります。
きゅうり・パプリカを5~6cmのスティック状にカットします。
②瓶に①を詰めます。
③鍋の中に酢・水・砂糖・塩を入れて火にかけて、ピクルス液を作ります。
沸騰したらすぐに止めます。
④お好みで刻んだ鷹の爪を加えます。
⑤瓶にピクルス液をひたひたになるまで入れて、冷蔵庫で1時間以上漬けたら完成です。

簡単レシピでおうち縁日を楽しもう!

サカ田先生
今回はおうち縁日を楽しめるレシピを5つご紹介しました。行列に並ぶ必要がなく、好きなものを好きなだけ食べられるのがおうち縁日の魅力かもしれませんね!
自宅ならではのアレンジを加えて、いつもと違った味わい方を楽しんでみてくださいね〜!
スタッフ尾中
意外と簡単に作れるものばかりなので、気軽にチャレンジできそうです♪涼しい部屋で縁日を楽しめるのはうれしいですね(*^^*)
この夏の思い出作りとして、おうち縁日レシピが活躍してくれるとうれしいです♪
サカ田先生、ありがとうございました。
  • サカ田シオリ先生

    専門学校で洋菓子を中心に栄養学や食品衛生学など、食に関するさまざまなことを学び、製菓衛生士の資格を取得。その後、結婚式場でパティシエとして勤務。退職後は、国内外(東南アジアを中心に17か国)を旅しながらその土地の食文化に触れてきた。

    現在は各地を旅しながらフリーライターとして活動しつつ、子どもたちに食の大切さ・楽しさを伝えるため「おやつ屋さん」としても活動中。

ていねい通信トップに戻る