03.26 2024

  • ていねい通販 ブランド企画

    スタッフ 尾中

    今年もプロ野球が始まる季節ですね。私は野球に限らずスポーツ観戦が大好き。今回は私の楽しい思い出をもとに、現地観戦の魅力を語らせてください♪

競技の面白さに加えて、スタジアムの空気が最高!

皆さんはスポーツを生で観戦したことはありますか?

私は学生時代に部活に打ち込んでいたスポーツ女子だったので、どんな競技も楽しめるタイプ。誰かに誘われるとノリノリでご一緒しちゃいます。

日本にもさまざまなプロスポーツのチームや団体が生まれ、季節を問わずさまざまな競技を気軽に観戦できるようになりました。

例えば、地域密着型のチームづくりを進めるプロサッカーなら、自分の住む都道府県、または近いエリアにチームがあるので“ご贔屓”をつくりやすいですし、気軽にホームスタジアムに遊びに行けます。

スタッフ 尾中
まずは地元に近いチームを探して、そこから新しいスポーツにハマるのも楽しいですよ~。

競技そのものの面白さはもちろんですが、私がスポーツ観戦にハマるもうひとつの魅力は競技場の雰囲気。

サッカーであれば美しく手入れされた天然芝のピッチに目を奪われますし、バスケやバレーのような屋内競技ならアリーナにこだまする歓声の迫力を感じられます。

今回はいろんなスポーツ観戦を楽しんできた私が、3つの競技の思い出を語りますよ~!

球場メシに豊富なグッズ…。やはり「プロ野球」は強い!

まずは定番…ということでプロ野球から。

くわしい人はご存知かもしれませんが、実は球場のグラウンドは一定のルールを満たしていれば、広さは一律じゃなくてもOK。

入場ゲートを抜け、観客席へ出た瞬間に広がる開放的な景色…。うーん、ワクワクする~

ゆえに広い球場や狭い球場、フェンスの低い球場や高い球場があるんです。

狭い球場ならホームランが飛び交うド派手な乱打戦が期待できますし、広い球場なら白熱した投手戦になることも…。

こうした球場の特性がゲーム展開に反映されるのが面白いところです。

何より、日本で最も歴史のあるプロリーグだけに、各チームが球場づくりに工夫を凝らしているのもポイント。

そのひとつが球場で食べられるグルメ…いわゆる“球場メシ“です。

地方の特産を使ったご当地グルメから選手がプロデュースした期間限定メニューまで種類も豊富で、“ここで食べないともったいない感”が私の食欲を刺激してくるんですよね~(言い訳)。

スタッフ 尾中
もちろん味も専門店並みのクオリティ。球場メシを題材にした漫画もあるくらいなんです!

さらに忘れてはならないのが、球場併設のオフィシャルグッズショップ。

応援グッズ以外にも、普段使いできそうな可愛いアパレルや雑貨がたくさん揃っていて、試合よりも買い物に夢中になることもしばしば。

私は贔屓チームの文房具やエコバッグなどを愛用していますが、皆さんのお気に入りグッズも教えてくださいね。

疾走感が間近で伝わる「サイクルロードレース」

次は私が一度だけ観戦したことのあるサイクルロードレースのお話です。

大会そのものは多くないものの、日本にも「ツール・ド・〇〇」のような自転車レースが開催されていて、沖縄や北海道、また本州の数か所がレースの舞台になっています。

選手たちが自転車を走らせるのは普通の道路…、いわゆる公道で、私たちはロードサイドから選手たちの熱い戦いを応援する形になります。

レース観戦がきっかけでロードバイクにハマる女性も。ダイエットが楽しくなりそうです♪

以前、サーキットで観戦した自動車レースでもスピードや迫力に驚きましたが、サイクルロードレースの場合は選手と観客の距離が本当に身近!

目の前を次々と走り抜ける自転車の疾走感たるや…。

誘ってくれた友人曰く、険しい山道を駆け上がる姿に胸を打たれる山間部、身体がぶつかり合う激しいスプリントにハラハラするゴール前など、観戦する場所で違う感動を味わえるのもサイクルロードレースの魅力だとか。

そう聞くと何回も観戦したくなっちゃうなぁ。

また、ミーハーな感想ですが、選手たちが乗る色鮮やかな自転車がとってもカッコ良くて…。

ギアを切り替えた時のメカニカルな音なんかも、不思議とハートに響くんですよねぇ。

家に帰るなり、[ロードレーサー 初心者 価格]とネットで検索したのは内緒ですよ(笑)。

自分の“推し”が見つかる「プロレス」は女性にも大人気

最後に紹介したいのが、近年、女性ファンが増えているプロレスです。

純粋な競技とは少し違うかもしれませんが、私的に例えるならプロレスは“スポーツ+格闘技+エンターテイメント”の集合体。

ビッグイベントは会場の華やかな演出に注目!選手たちの入場曲もカッコいいんですよねぇ

笑いも涙も熱さも感動も、ひとつの大会にすべて詰まっているのです!

現地観戦で興奮するのは、技を放った時のド迫力な音。

基本的な技であるチョップでも“パーン”という乾いた音が会場中に鳴り響き、選手の鍛え抜かれたパワーとそれを受け止める肉体の凄みを感じました。

華麗な空中殺法で観客を魅了するマスクマン、岩のような筋肉で相手をなぎ倒す外人レスラー、レフェリーの隙を見て反則技を挟んでいくクレバーな悪役など、一番の魅力は選手の皆さんの豊かな個性。

だから自分の“推し”が見つかりやすく、選手の成長や戦いに感情移入できる…というワケです。

スタッフ 尾中
私が応援する選手に対して近くのお客さんがブーイングを送る…。こんなカオス感もまさにプロレスならでは(笑)。

選手によって特有のコール&レスポンスがあり、メインイベント後の“締めのマイク”では、選手の決め台詞をファンがノリノリで大合唱することも。

選手とファンが一緒になって大会の終わりを盛り上げる一体感と多幸感が、「また観戦に行きたいなぁ」という気持ちにさせくれるんです。

今回は少し私の趣味に走り過ぎましたが(汗)、皆さんの好きなスポーツの魅力をコメント欄で教えてくだされば、ぜひ一度観戦に行ってみたいと思います。

どんなコメントであふれるのか…楽しみです♪

記事の感想をぜひおきかせください♪

桜向日葵
おはようございます😃プロレスはテリーファンクジュニアが好きでした❣️舘ひろしさんが出るCMにテリーファンクジュニアのテーマ曲が使ってあったので懐かしかったし嬉しかったです!テリーファンクジュニア調べたら去年8月23日に亡くなっていました…可愛くてすごく好きでした❣️
2024年03月28日
ていねい通販スタッフ 尾中
桜向日葵さま、コメントいただきありがとうございます♪桜向日葵さまはプロレスのテリーファンクジュニアさんがお好きでいらっしゃったんですね。私は存じ上げなかったのですが、テーマ曲のわくわくした感じはすごくわかります!調べたら日本で大活躍された方なんですね。日本中のファンは心を奪われ、夢とロマンと勇気をもらったことと思います。楽しいお話をありがとうございました。
2024年04月01日

POST COMMENT

コメントを投稿する

ニックネーム 必須
※14文字以内
エラー文言が入ります
コメント 必須
エラー文言が入ります

  • ※ご投稿いただいたコメントは、ていねい通販公式SNS(Twitter・Instagramなど)にて
    ご紹介させていただく可能性がございます。
  • ※公序良俗に反する、著作権を侵害する、個人情報漏えいといった内容を含むご投稿はお控えくださいませ。
    場合により、弊社にて投稿内容を編集・削除させていただく可能性がございます。

POST COMMENT

投稿内容確認

ていねい花子
今更ですが、自分の幸せのシーンをイラストにして載せていただきとても嬉しいです。保存しました♥️ありがとうございます!

※一度投稿すると、削除・編集操作を行うことができません。
投稿内容にお間違いはございませんか?

POST COMMENT

送信完了

ご投稿ありがとうございます。
いただいたコメントの掲載には、少々お時間を頂戴しています。
今しばらくお待ちくださいませ。

ていねい通信トップに戻る