雨の音は集中力をアップさせてくれる効果があるそうです。昔から窓際から聞こえる雨音が好きでした。大人になった今も変わらず、なぜか心が落ち着きます。普段は後回しになっている書き物や読書、学びたい事など

をして過ごしています。

さとやん (女性)

心が下向きになっちゃうときは、あえて声を出して笑います*笑う気分じゃなくても騙されたと思ってやってみると、楽しい気持ちになったり…?1人のときにやってます♪

木曜日 (女性)

雨が降っている日は娘ととなりのトトロを観る習慣がある。土砂降りの中、めいを背負うさつきの隣で大トトロが傘をさし立っているシーンになると必ず4歳になる娘が「トトロの傘、小さいよね。濡れて風邪ひいちゃ

うよね。もっと身体に合った大きな傘をささないと駄目だよね。」と真剣に説教する姿がにホッコリする。

里帆ちゃんのママ (女性) 37才

もう外に出られないと諦めて、家の冷蔵庫やストック食品とにらめっこして、あるものでおかず作りに専念してます。いざ始めると意外と夢中になって、思ってるより沢山作れてます。冷蔵庫もすっきりするし、夕飯も

品数増えていいかなぁと思います。

まきもも (女性) 43才

保育園での送り迎え。免許がなく、車の運転ができないから必然的に歩き。2歳の娘は長靴が履けるのが嬉しくて、「ママ!早く行こうよ!!」と雨の日はせかされます(笑)4歳の息子がこのぐらいの時も、長靴を履

けて喜んでいたなと思うと、今まで憂鬱だった雨の日も楽しくなりました♪

そらまゆママ (女性) 27才

みんなの読書ノート

読書ノートには、お手紙を読まれた方の“あったかい気持ち”が集まっています。
みんなの「ぬくぬく」を覗いてみてください。

読書ノートを書く

私も雨音が大好きです。寝れない日は「雨音アプリ」で雨の音を聴いて、心を落ち着かせています☻

スタッフ池田 (女性)

読書ノートに本の感想を書き込む

もちろん一言だけでもかまいません♪
あなたが感じた“あったかい気持ち”をぜひ、みんなにわけっこしてください。

感想 必須

残り140文字です

※投稿に改行は反映されません。

ペンネーム 必須

※14文字以内

性別 必須

年齢 任意

公序良俗に反する、著作権を侵害する、個人情報漏えいといった内容を含むご投稿はお控えくださいませ。
場合により、弊社にて投稿内容を編集・削除させていただく可能性がございます。

投稿内容確認

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

投稿者ペンネーム (女性) 32才

一度投稿すると、削除・編集操作を行うことができません。
投稿内容にお間違いはございませんか?

送信完了

じっくりと拝見します

ご投稿ありがとうございます。
ご投稿いただいたご感想は、読書ノートに掲載されました。
引き続きお楽しみくださいませ♪

Other Books

他の本を読む

日常にあふれる何気ないこと。でもそれは、きっと、大切なこと。

先日、イタリア製造のトマトの缶詰を購入。おいしくいただいた後、リサイクルしようとラベルをはがしてみると、まあなんともおしゃれなシンプルな缶。庭で咲いているスイセンの花を一輪生けてキッチンに。

〃おっしゃれ~♪〃なんかすごく得した気分になりました。

つたんのか~めん (女性) 51才

愛犬はボール遊びが大好き。2階で家事をして下りてくると、いつも愛犬の首の高さの階段に、ボールが置いてあります。遊ぼうと思って待ってくれてたんだな、とほっこりします。そして今日も家事は早々に取り止め

て、ついまた愛犬と遊んでしまう私です。

うめちゃんの飼い主 (女性) 42才

あなたの落ち着く瞬間ややさしい気持ちになれる場所はありますか?

家の階段。今だから笑える思い出。賑やかな家庭で育ち、唯一 ひとり静かに過ごせる場所、それが階段。3階へ上る狭い階段が秘密基地。祖父が1階へ降りる時には声かけしながら先に1階のトイレへ。ゆっくり動作

の祖父は「間に合ったね」と言ってくれ笑顔で交代。大家族。昭和の下町、母の大変さは今の私の原動力。昔話したいです。今も場所は違うけれど、家の階段が好き。不思議ですね。

まんまる (女性) 53才

近所の小さな図書館です。何だか気持ちがモヤモヤした時は、主人に子供を預けて1人でのんびり本を眺めに行きます。本選びに夢中になると、頭の中の色々がスッキリする気がします。

ゆき (女性) 38才

大切な人や旅の思い出など、いまも心に残る大切なエピソード。

双子の妹が産まれ、我慢が多くなった息子。双子が生後10か月を過ぎた頃、今しかチャンスは無いと思い、双子を主人に託し、息子と2人で某テーマパークへ泊まりがけで行きました!久しぶりに2人きりで過ごす時

間の、息子の嬉しそうな笑い声に弾ける笑顔。あれから2年、今でもアルバムを開き、楽しかったね、また行きたいねと、2人で思い出を語り合います♪

ころころ (女性) 37才

亡母の墓参りをしていたら、何処から蝶々が飛んで来て私の周りをヒラヒラと飛んで行きました母が喜んでくれたんだなぁと思い,ほっこりしました

イモちゃん (女性) 52才