02.15 2024

  • boco to decoシリーズ

    #暮らしの拾いもの

    一見いらないもの、自分に関係のないように思えるものも、少し視点を変えればやさしく光り出す。そんな気付きをひっそりと拾っていく、日常エッセイ。

高校時代、毎日電車を使って通学していた。

3車両しかなく、使えるのは切符のみのローカル線。

定期券は駅員さんの手書き文字と手押しのスタンプでできていた。

最寄りは、かろうじて屋根があるくらいの小さな駅。

ホームで電車を待つ間、私の定位置は決まって2両目の先頭だった。

私と同じタイミングで乗る人は、多くて5人程度。

毎日決まった時間に通学しているうちに、必ず同じ電車に乗る人がいることに気づいた。

グレーヘアとヒゲのスーツ姿のおじさん。

いつも背筋がしゃんとしていて、携帯を触ることもなく、正面を見つめながらただ電車がくるのを待っていた。

そのおじさんの定位置は、決まって3両目の端っこ。
 



いつの間にか、毎朝そのおじさんの存在を確認することが私のルーティンになった。

だいたい私の方が先にホームにいることが多いのだけど、たまにおじさんの方が早いと、その背後を通り過ぎることもあった。

今日もいるね、よかった。あれ、珍しくいない。休みなのかな。

ちょっと見かけないと心配になるし、姿を見つけるとなぜか安心した。

もちろん名前も知らなければ、年齢も職業もわからない。

言葉を交わしたことも一度もない。

でも私の高校3年間において、おじさんの存在は、一日の始まりに欠かせないものになっていたのだ。
 



高校卒業とともに上京し、必然的におじさんに会う機会はなくなったわけだけど、地元に帰省したときに一度だけ、同じ電車のホームで見かけたことがある。

数年は経っていたはずだけど、相変わらずしゃんとしていて、あの頃と同じ定位置に立っているのを見て、つい泣きそうになってしまったのを覚えている。

まさか自分を見て涙をこらえる人間がいるなんて、思いもよらないだろう。

今でも、帰省して最寄り駅のホームに立つたび、高校時代の記憶とともに、あのおじさんの姿が頭に浮かぶ。

もうずいぶんと時が経ったけれど、どうか元気でありますようにと、そっと心のなかで祈るのだ。

(おわり)

  • ライター・編集者

    むらやま あき

    1995年長野生まれ。おもにインタビュー記事やエッセイを書いています。1本80円のやきとんとレモンサワーがあれば、結構しあわせ。頑張らなくてもハッピーに生きる方法を模索中。

感想をぜひお聞かせください。

POST COMMENT

コメントを投稿する

ニックネーム 必須
※14文字以内
エラー文言が入ります
コメント 必須
エラー文言が入ります

  • ※ご投稿いただいたコメントは、ていねい通販公式SNS(Twitter・Instagramなど)にて
    ご紹介させていただく可能性がございます。
  • ※公序良俗に反する、著作権を侵害する、個人情報漏えいといった内容を含むご投稿はお控えくださいませ。
    場合により、弊社にて投稿内容を編集・削除させていただく可能性がございます。

POST COMMENT

投稿内容確認

ていねい花子
今更ですが、自分の幸せのシーンをイラストにして載せていただきとても嬉しいです。保存しました♥️ありがとうございます!

※一度投稿すると、削除・編集操作を行うことができません。
投稿内容にお間違いはございませんか?

POST COMMENT

送信完了

ご投稿ありがとうございます。
いただいたコメントの掲載には、少々お時間を頂戴しています。
今しばらくお待ちくださいませ。

ていねい通信トップに戻る