01.11 2024

  • boco to decoシリーズ

    #暮らしの拾いもの

    一見いらないもの、自分に関係のないように思えるものも、少し視点を変えればやさしく光り出す。そんな気付きをひっそりと拾っていく、日常エッセイ。

誕生日を祝ってもらうのは、とても嬉しいことだ。

「おめでとう」の言葉だけでも嬉しいのに、プレゼントまでもらえちゃうなんて、生きていてよかったなあと思う。

思いやりが詰まった贈り物はどれも宝物だけど、なかでもとりわけ忘れられない誕生日プレゼントがある。
 



私が26歳の誕生日を迎えたときのこと。

例年どおり、家族を代表して母から手紙が届いていた。

このところはたいてい「おいしいものを食べてね」とお金を入れてくれていたのだけど、その年は、リボンが掛けられた長方形の箱が入っていた。

何だろうと思って開けると、そこに入っていたのは、真っ赤な革財布と、小学校の入学式の朝に庭で撮った家族写真だった。

一瞬の間を置いてすぐにわかった。これは、私のランドセルだ。
 



つやつやの本革だけど、ところどころに小さな傷がたくさんついている。

まぎれもなく、じいちゃんに買ってもらって6年間をともにしたランドセルだった。

本来ランドセルは小学校卒業と同時に役目を終えるものだ。

かさばって場所もとるし、ずっと保管しておくわけにもいかないだろう。

使っていた私ですら、とっくにその存在を忘れていたし、処分したとばかり思っていた。

それがこんな形で私の手元に戻ってくるなんて、思いもしなかった。
 


同封されていた母からの手紙にはこんなことが書かれていた。

「プレゼントはあきと苦労を共にしてきたランドセルです。よくここまで大人になりました」

悩みながらも前に進んできたこと、今ちゃんと自分の足で立って生きていること。

それを実感したとき、生まれてよかったと心から思った。

生まれ変わったランドセルは、たくさんの思い出をのせたまま、これからを生きる私の唯一無二のお守りになった。

じつは、お財布として使うのはもったいなくて大事にしまってある。

でもたまに落ち込んだときに取り出しては、ひとしきり泣いて、また頑張ろうと力をもらうのだ。

(おわり)

  • ライター・編集者

    むらやま あき

    1995年長野生まれ。おもにインタビュー記事やエッセイを書いています。1本80円のやきとんとレモンサワーがあれば、結構しあわせ。頑張らなくてもハッピーに生きる方法を模索中。

感想などぜひお聞かせください(*^^*)

POST COMMENT

コメントを投稿する

ニックネーム 必須
※14文字以内
エラー文言が入ります
コメント 必須
エラー文言が入ります

  • ※ご投稿いただいたコメントは、ていねい通販公式SNS(Twitter・Instagramなど)にて
    ご紹介させていただく可能性がございます。
  • ※公序良俗に反する、著作権を侵害する、個人情報漏えいといった内容を含むご投稿はお控えくださいませ。
    場合により、弊社にて投稿内容を編集・削除させていただく可能性がございます。

POST COMMENT

投稿内容確認

ていねい花子
今更ですが、自分の幸せのシーンをイラストにして載せていただきとても嬉しいです。保存しました♥️ありがとうございます!

※一度投稿すると、削除・編集操作を行うことができません。
投稿内容にお間違いはございませんか?

POST COMMENT

送信完了

ご投稿ありがとうございます。
いただいたコメントの掲載には、少々お時間を頂戴しています。
今しばらくお待ちくださいませ。

ていねい通信トップに戻る