07.25 2020

  • スタッフ 尾中

    こんにちは!ていねい通販の尾中です。
    今回もパティシエールで現在はリヤカーおやつ屋さん「かしまし堂」などをされているお菓子作りのプロ、サカ田シオリ先生をお呼びしました!
    後半では、カンタン&かわいいクレープ作りレシピを写真付きでレクチャーしていただきます♪
    気軽に作れるらくらくレシピと、少し時間をかけて取り組みたいチャレンジレシピの2種類をご紹介しますので、「普段あまりお菓子作りをしない…」という方もぜひ挑戦してみてくださいね。

甘いものを食べてほっこりタイムを

スタッフ 尾中
サカ田先生こんにちは!今回は前回に引き続き、カンタンでかわいいお菓子作りを伝授していただけるとのことで、ありがとうございます(*^^*)
サカ田先生
はい!よろしくお願いいたします。お菓子作りは家の中で四季を感じることができます♪ 暑くなってきて、例年ならおでかけ日和のこの季節ですが、自由におでかけできなくて残念に思っている方も多いですよね。 しかし旬のフルーツを使ったり、季節のモチーフのお菓子を作ったり…家の中でお菓子作りを楽しむことで、季節を感じながらちょっとした行楽気分を味わえるんです!
スタッフ 尾中
旬のフルーツはおいしいですよね♪お子さんのいるご家庭なら食育にもなりそうですね!
サカ田先生
そうですね! 自宅でお菓子作りをすることで、普段何気なく食べているおやつができる過程を知ったり、自分で作ったものを食べる喜びを味わったり、お子さんが食に興味を持つきっかけになります。 おうち時間の多い今だからこそ、ゆっくりお子さんと向き合いながら食育もいいですね。

簡単クレープ生地作り♪

サカ田先生
まずはお菓子作りが苦手…という方でもカンタンにできるクレープ生地の作り方をご紹介します♪

【材料】
(クレープ生地)
薄力粉 100g ・グラニュー糖 45g・牛乳 100g・バター 10g・バニラオイル 3滴・卵 1個
 
(中に入れる具材)
ホイップクリーム・フルーツ・ジャム・チョコレートソースなどお好みの具材で♪

クレープ生地を作ろう

① 牛乳とバターを一緒にして湯せんにかけ、バターが溶けるまでかき混ぜます。
② ふるった薄力粉とグラニュー糖をボウルに入れて、ホイッパーでよく混ぜます。
③ ①を半分ほど②のボウルに加え、ホイッパーで混ぜます。
④ ③に卵を加えて混ぜます。
⑤ ①の残りと、バニラオイルを④に加えて混ぜます。

⑥ 耐熱用の丸いお皿やボールにピンとラップを張ります。

⑦ その上に生地をおたま1杯分ほど流して、おたまの背で丸く伸ばします。
⑧ そのあと電子レンジで50秒~1分加熱したら出来上がりです!

トッピングしよう

サカ田先生
最後に、用意したホイップクリームやフルーツで、自由に盛り付けましょう♪
市販のクレープのように巻いてもよし、難しければ折りたたんだクレープ生地の上に盛り付けるのもよし。

盛り付けで花束風に♪

サカ田先生
盛り付けをちょっと変えるだけで、スペシャルなスイーツへと大変身します♪

① 生地をお皿に置いて、中央に生クリームをトッピングします。
② 半分に折りたたみます。
③ そのあと端からくるくるっと生地を巻いていきます。
④ 紙コップにさして上からフルーツを盛り付けると、かわいい花束クレープの出来上がり♪

季節のお菓子作りを楽しもう!

スタッフ 尾中
今回は、クレープ作りレシピをご紹介していただきました! お菓子を作ると、部屋中が甘い香りに包まれて幸せな気持ちになれますよね〜。 大好きなフルーツを自分の好みで乗せられるのは気分が上がります♪
サカ田先生
お菓子が完成したときの達成感は、ストレス解消にも◎です。 甘いお菓子とともに、心がほぐれる時間を楽しんでみてくださいね♪
  • サカ田 シオリ先生

    専門学校で洋菓子を中心に栄養学や食品衛生学など、食に関するさまざまなことを学び、製菓衛生士の資格を取得。その後、結婚式場でパティシエとして勤務。退職後は、国内外(東南アジアを中心に17か国)を旅しながらその土地の食文化に触れてきた。

    現在は各地を旅しながらフリーライターとして活動しつつ、子どもたちに食の大切さ・楽しさを伝えるため「おやつ屋さん」としても活動中。

ていねい通信トップに戻る