【労り】と【労い】で元気の数珠つなぎ。自分への優しさが、人への優しさに続く。

2021.09.30
  • ていねい通販 ブランド企画

    スタッフ 池田

    残暑の厳しさもやっとひと段落。スッキリ気分を切り替えたいのに、なんだかまだ、夏の疲れが残ったまま…。もしかして自分への労りが足りてない?

自分への優しさが、誰かへの優しさに連鎖する

夏の疲れが残っていたり、日中の寒暖差に体がついていかなかったりと、体調管理が難しいこの季節。さらに長引くコロナ禍のせいで、何かと気苦労も絶えませんよね。

「気が付けば不調なまま忙しい年末に…」なんてならないように、今のうちにしっかり自分を労わっておきたいものです。
 
さて、この「労」の文字ですが、送り仮名によって少し違う意味になることを知っていますか?

【労る(いたわる)】
弱った人を気遣い、優しく接する

【労う(ねぎらう)】
苦労した人を慰める・感謝する

うん、どちらも素敵な言葉ですよね。とは言え、自分がずっと疲れたままでは、誰かを労う余裕すらなくしてしまいがち。

周りの人に心配をかけないために、また、いざという時に周りの人を支えられるように、まずは自分を労ることを大切にしてみませんか?

スタッフ 池田
疲れや無理はミスの元だし、自分が元気でいることが、結局は人のためになるってことですね…。

そこで今回は、自分自身を元気にする方法から探っていきましょう。

頑張った自分を素直に褒めれば、勇気もヤル気も120%

自分の苦労が報われるのは、やはりその頑張りを認められた時。だけどあなたの努力を1から10まで理解しているのは、誰でもない自分自身です。
 
そこで何かを頑張った時や満足いく成果を残せた時は、自分で自分を素直に褒めちゃいましょう。

頑張ったことや達成したことを思い返しながら、明日に向けて元気チャージ!

鏡に映った自分に話しかける、心の中でつぶやく、日記やメモに記しておく…など、やり方は何でもOK!喜びや達成感を味わえる方法を見つけてみてください。
 
実は自分を褒めることは、心理面でも数多くのメリットがあると言われています。

①自己肯定感が高まり、前向きになれる
②自信や勇気が生まれ、行動意欲が湧いてくる
③自分を認めることで、人の個性も認められる

など

それでも元気が取り戻せないという人は、まずは疲れた心身をゆっくり休めること。

疲れているのは、あなたが頑張った証。「休むこと=悪いこと」と考えず、家族や友人、信頼できる同僚たちに甘えてみましょう。

もし相手に負担をかけたとしても、元気になった後の働きや行動でお返しすればいいんです。

逆にその人が不調になった時には、すぐ自分に打ち明けてくれる…。そんな関係が築ければ素敵ですよね。

スタッフ 池田
頼ってきてくれる人の方が、私もお願いごとがしやすい気がします。素直に甘えるって大切なのかもしれません。

秋の夜長を楽しんで、心と体をクールダウン

自分を労るには、好きなことを楽しむのも効果的。それが心身のリラックスにつながれば、なお良しです。

そこでこの時期にオススメしたいのは、“秋の夜長”の有効活用です。

季語として有名な“秋の夜長”とは、その文字通り、秋が深まるにつれて夜が長く感じられることを表す言葉。

一般的には「秋分の日(9月23日)」から、冬の始まりとなる「立冬(11月7日)」の間を指すと言われています。
 
時折、聞こえる虫の声や、窓から入りこむ涼しい夜風…。ウンウン!確かにこの時期の夜は、何もせずただ静かに過ごすだけでも心地良いものです。

色づく木々が街灯に照らされる姿はまるでアート。秋の夜長は散歩の楽しみがいっぱい♪

さらに行動派のあなたには、こんな楽しみ方はいかがでしょう?

シンプルに夜さんぽ
夏の蒸し暑さから解放され、夜の散歩が気持ちいいこの季節。涼しい夜風のおかげでスイスイ足が進みます。
1つ前の駅で降りて、“秋のにおい”を味わいながらゆっくり帰宅するのも健康的。
夕食がさらに美味しく感じられるかも♪

公園のベンチで夜カフェ
ペガサス座やオリオン座など、おなじみの星座が映える秋の夜は、公園のベンチでカフェを楽しむだけでも贅沢気分。
スマホやタブレットで読める電子書籍なら、夜でも公園でのんびり読書が楽しめますよ。

好きな音楽とプチドライブ
自分だけの空間が欲しい人は、お気に入りの曲をBGMに短距離ドライブはいかが?
空気が澄んでいるこの季節なら、街や高速道路の灯りも一段とキレイ。もちろん“密”の心配もありません!

スタッフ 池田
私の秋の夜長の楽しみは“栗スイーツ”。お風呂上がりにベランダでいただくのが最高なのです♡

あなたの元気を、周りの人にもおすそわけしよう

自分自身を労(いたわ)って元気を取り戻したあなたなら、きっと頑張っている周りの人を労(ねぎら)うことができるはず。

例えば、自分がかけて欲しいひと言を、言葉やメモにして周りの人に伝えてみるのもいいですよね。

読み返すたびに心がほっこり…。あなたのスマホにもそんなメッセージが残っていませんか?

「ありがとう」や「おつかれさま」といった言葉も大切ですが、あなたが知るその人の努力の過程もぜひ称えてあげましょう。

“自分を見てくれている人がいる”という喜びが、新しいパワーの源になるかもしれませんよ。

子どもに・・・
「テストおつかれさま。点数もスゴイけど、好きなことに夢中になれるのもカッコいいね!」
チームメンバーに・・・
「今日の提案、前回よりさらに良かった~。丁寧にリサーチを続けてきた成果が出たね」
ママ友に・・・
「おすそ分けありがとう!仕事をしながら、家事も育児も全力で頑張るあなたを尊敬しています」

さて、今日も一日家事に仕事に…頑張った私を、しっかり労わってあげよう♪
あっ!
もし誰か労ってくださるなら…
“栗スイーツ”をつけてくれたら、私はさらに元気になれます(笑)