総合的な栄養素を持つ天然の美容健康食であることにどこまでもこだわっています。

「すっぽん小町」は一物全体という考え方にこだわって、栄養の豊富なすっぽんの恵みを余すことなく丸ごと活かしています。一物全体とはバランスのとれた生物を丸ごととることではじめて、同じ生物である私たちの体にバランス良く働いてくれるというもの。
エキスだけを抽出したサプリメントとは違い、一物全体の考え方に基づくサプリメントの良さがあるのです。「すっぽん小町」このサプリメントとの出会いがこれからのあなた様に元気とキレイをお届けできることを心から願っています。

女性にこそすっぽんを

それが「すっぽん小町」の出発点

ていねい通販 社長 古賀淳一

以前に家族旅行へ行った時、母と家内がタ食に選んだのが「すっぽん鍋」でした。「高価なすっぽんを食べられるなんてうれしい」「このぶるぶるした部分が美容にいいのよ、明日の朝が楽しみ!」と大喜び。”元気の源”といった強いイメージしかなかった私は、すっぽんが美容にも良いことをこの時初めて知りました。それからすっぽんについて学びました。
体の基礎になるアミノ酸がバランス良く含まれ栄養価が高い上に、とり入れたそれらの成分を無駄なく活かす脂肪酸を含んでいること。上質のコラーゲンがたっぷりで、美容業界でもすっぽんのコラーゲンが大きな注目を集めていること。調べるほどに興味深く、「すっぽんは、女性にこそ役立つものだ」という確信が膨れ上がりました。
当時、世の中のすっぼんに対するイメージからすると「女性に受け入れられるはずがない」という声が圧倒的でしたが、「分かってくれる人だけでも良い。すっぽんの素晴らしさを女性に知っていただきたい!」「お客様に喜んでいただける商品を必ず作り上げる」という決意は揺るぎませんでした。
すぐさま納得のできるすっぽん探しの旅をスタート。全国各地を回り、15カ所目にしてやっと佐賀県ののどかな田園地帯で「はがくれすっぽん」を育てる朝鵜さんを紹介されました。それは朝鵜さんの”想い”との巡り合いでした。

はがくれすっぽん 生産者 朝鶏さん

「はがくれすっぽん」をみんなに

生産者・朝鶏さんの想い

朝鵜さんの育てる「はがくれすっぽん」は、東京の築地市場でも高級ブランドとして扱われる上質なすっぽんです。そんな「はがくれすっぽん」を求めて、朝鵜さんのもとには頻繁に業者の方が訪ねていました。その多くが「豪華な容器に入れ、男性向けの高級健康食品として売りたい」という申し出でした。
家族で心を込めて大切に育てた「はがくれすっぽん」が、そんなふうにごく一部の人にしか手の届かないものになるのは悲しい・・・。たとえ儲かったとしても、男性のためだけの高価なすっぽんというこれまでの考え方に、朝鵜さんは納得できませんでした。
コラーゲンを構成しているアミノ酸をたっぷりと蓄えた 「はがくれすっぽん」。美容と健康に同時に働き掛けるその素晴らしい力を、女性にこそ分かって欲しい。多くの女性にいつも美しく、いつも元気でいてもらいたい。
・・・同じ想いを持つ人との出会いを、朝鵜さんは待ち続けていたのでした。

丸ごと、活かしたい

限りある大事な「はがくれすっぽん」だから

美しさと健やかさ・・・「はがくれすっぽん」には女性が求めているものがそろっています。利害の一致という生産者と販売者の立場を超えて、想いの一致という同志のような立場で、朝鵜さんは私たちに快諾してくださいました。「はがくれすっぽん」を健康食品とすることに、そして通信販売という方法で日本全国に広めていくことに。
早朝5時半ごろから日がとっぷり暮れるまで、水を調達し入れ替えたり、餌づくりをし朝タ2回餌を与える・・・。

この道約30年の朝鵜さんを中心に、おばあちゃんと息子さんたちが大変な重労働で「はがくれすっぽん」を育てています。そのため、生産数には限りがあります。
無限ではない・・・そんな貴重な「はがくれすっぽん」だからこそ朝鵜さんたちの想いを少しも無駄にしないよう、丸ごと活かしたい。
・・・今度は私たちが頑張らねば。

手間と時間を惜しまない

本当に嬉しい「すっぽん小町」ができました

完全乾燥した「はがくれすっぽん」の粉末 

すっぽんで一番栄養があるのが内臓。さらに甲羅や軟骨にはカルシウムがぎっしり。貴重な「はがくれすっぽん」は丸ごと活かすからこそ価値があります。
でも、それはとても難しく大変な手間と時間がかかることが分かりました。気が遠くなるような苦労にくじけそうになりながらも胸に秘めた熱い想いに支えられて、とうとう完全乾燥したものを粉末にすることに成功。
保存料を一切含まない天然成分100%のすっぽん粉末を生鮮食品のように新鮮な状態で、しかも安全管理のもとソフトカプセルに詰めました。
時代に逆行するような非効率さですが、だからこそ本当に良いものが出来ました。
自然がくれた素晴らしい贈り物として『すっぽん小町』は誕生したのです。

佐賀県の山懐の閑静な空気に包まれてゆっくりと育った生命があなたの美しさと健やかさに結ばれていくことを私たちは心から願ってイます。

すっぽん田一調理長 松島健太さん

すっぽん料理を目当てに何度も足を運ばれる女性が増えています。

東京の南新宿にお店を構える「すっぽん田一」さん。高級食材の「はがくれすっぽん」にこだわって、お料理を提供されています。宝石のように光る”濃縮すっぽんジュレ”など、見た目にも美しいメニューばかりで、すっぽん料理初体験のお客様にも人気です。
「はがくれすっぽんの素晴らしさは、一目で分かった」と話すのは、調理長の松島さん。これまで多くのすっぽんに触れてきた中で、飼育環境や生産者さんの愛情、そして傷一つなく透明感あふれる肉質に惚れ込んだそう。お店の味を支えているとおっしゃっています。
女性のお客様や有名人の来客も多いという田一さん。最近では特に、すっぽん料理を目当てに何度も足を運ばれる女性が増えているとのこと。「美容に良いことは多くのお客様の笑顔が実証してくださっているので、確かだと思います」と調理長は話し、さらに「これを丸ごと活かしたサプリなら、女性に喜ばれること間違い無しですね」と、『すっぽん小町』に太鼓判を押してくださいました。

医療・健康問題研究所 宮本正一 医学博士

すっぽんは、女性の皆さんにぜひ注目してもらいたい食材ですね。

すっぽんは、男性のための食材みたいに思われていますよね。どうもそのイメージは、すっぽんの生命力の強さにあやかってつけられたようです。
古来からすっぽんは、良質なタンパク源として食されてきました。縄文時代の遺跡からすっぽんが出土していることを考えると、不安定な食糧事情をもつ縄文人は、すっぽんを重要な栄養食として重宝していたのでしょう。
すっぽんは、50%以上がタンパク質で、タンパク質はアミノ酸の組み合わせから出来ています。その中に人間の体内では決して作れない9種類の必須アミノ酸を含め、全部で19種類ものアミノ酸を含んでいます。もちろんコラーゲンを構成するアミノ酸(グリシン・プロリン・ヒドロキシプロリン・アラニンなど)も含まれています。
ちなみにコラーゲンは、人体を構成する全タンパク質の約30%を占めています。よく美容にコラーゲンが良いといわれますが、それは必須アミノ酸を含むタンパク質を摂取する事が、美しさへの近道という事なのです。
また、すっぽんは20%以上が脂質なのですが、その脂質の70%以上はEPAやDHAなど青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸なので、見た目とは違い「魚」に近いといえるかもしれません。これだけ良質のタンパク質・脂質を有しているのですから、女性の皆さんにぜひ注目してもらいたい食材ですね。世界三大美女の”楊貴妃”も食していたのですから。

宮本正一先生のプロフィール
大阪府生まれ、ウィントワース工科大学(米国・ボストン)を卒業後、大阪市立大学大学院医学研究科において、医学博士号を取得。現在、大阪市立大学院医学研究科公衆衛生学教室に在籍。同志社大学生命医科学部員研究員。医療・健康問題研究所代表。