通販業界の常識!ていねい通販の非常識!? ていねい通販 超理解テスト

問題1 常識

通信販売の業界売上は、'97年の2兆2千億円から、'14には□円になりました。これは非常に高い伸び率です。インターネットの普及とオンライン技術の進歩がその要因だと言われています。□にあてはまる数字は以下のどれでしょう?

解答欄
3解説はこちら
問題2 常識

通信販売の業界には「JADMA(ジャドマ)」という業界団体がありますが、JADMAに加盟する通販業者は約□00社です。□にあてはまる数字を記入してください。

ヒント:「全国建設業協会」に加盟している企業数は19,426社(H27.6現在)。「日本人材派遣協会」に加盟している企業は573社(平成28.4現在)。「全国銀行協会」に加盟する企業数は252社(平成28.4現在)。

解答欄
7解説はこちら
問題3 非常識

お客様に対するフォローに定評のあるていねい通販。お客様からいただいたメールやハガキも、熱い思いをもって返信しています。さて、次のうち正しいのはどれでしょう?

解答欄
2解説はこちら
問題4 常識

「商品が気に入らないから返したい」。商品の取引においてはたびたびそんなことが起こります。法律では消費者保護の観点から、商品の返品を一定の期間以内にかぎって認めています。この返品を認める制度を「○○○○○○○」と言います。ただし、意外に知られていないことですが、通販業界の取扱商品については「○○○○○○○」の対象になりません。その制度は何という制度でしょう?

解答欄
クーリングオフ解説はこちら
問題5 非常識

ていねい通販は、お客様にご購入いただいた商品を「購入後○○日以内であれば返品可」としています。○○にあてはまる数字を記入してください。

解答欄
30解説はこちら
問題6 非常識

通常の通販会社では開封してしまったものは返品できません。しかし、驚くべきことにていねい通販はそのあたりが「非常識」!さて、以下のうち正しいのはどれでしょう?

解答欄
3解説はこちら
問題7 非常識

ていねい通販の'15年の売上高は約60億円です。さて、ていねい通販の取扱商品点数は現在いくつでしょう?

参考:楽天市場は年間売上高約1372億円、総取扱点数1億5000万点です。単純計算で1点あたり年間約914円の売上です。

解答欄
31解説はこちら
問題8 常識

通販という販売形態のメリットとデメリットの正しい組み合わせを下記より選んでください。(メリット:デメリット)

解答欄
3解説はこちら
問題9 非常識

「お客様と一切接触することなく売れる販売形態」。通販という販売形態をそのように理解している方も多いのではないでしょうか?しかし、ていねい通販はちがいます。次のうち、ていねい通販とお客様の親密さを象徴しているエピソードはどれでしょう?

解答欄
2解説はこちら
問題10 非常識

通販業界は、一般的にお客様と直接お会いしない業界です。
さて、次のうちていねい通販がお客様と行っているイベントはどれでしょうか。

解答欄
どれでも正解!解説はこちら

正解を表示する