正しい姿勢をチェック/きれいのヒント

0120-556-096 受付時間/9:00〜20:00 (土日・祝日も受付)

お問い合わせはこちら

  • 標準
  • 拡大
  • 新規会員登録
  • ログイン

0点の商品が入っています

カートを見る

わくわく広場

  • ゆったり元気
  • うふふポイントプレゼント
  • アンケート

ゆったりくらそ、元気にすごそ。ゆったり元気

2015年09月

正しい姿勢をチェック/姿勢は人の第一印象を決める大事な要素の一つです。それだけでなく、姿勢が悪いとさまざまな不調の原因になります。普段の姿勢は大丈夫ですか?簡単にできる方法でチェックしてみましょう。

背骨のS字カーブに負担を掛けないこと

良い姿勢といえば、背骨がまっすぐに伸びている様子をイメージしますが、本来背骨は緩やかなS字カーブを描いています。このカーブは、頭の重みを支える筋肉をサポートしたり、歩く時の衝撃を吸収して脳へのダメージを防いだりなど、健康に欠かせない働きをしています。そのため、悪い姿勢によって背骨のカーブに負担が掛かると、背骨の中にある脊髄から全身へ伝えられていくたくさんの信号にも影響が及び、さまざまな不調の原因になるのです。

イメージ

壁を利用して自分の姿勢をチェック

自分の姿勢をチェックするには、まず壁に背中を向けて立ち、かかと・ふくらはぎ・お尻・肩・頭の5点を壁に付けてみましょう。すると、普段よりも肩が上がり、胸や頭が後ろに引っ張られている気がする方が少なくないと思います。実は、それらの違和感こそが普段から肩や頭が前かがみになっている証拠です。こうした姿勢のチェックを繰り返していると、自然に姿勢を正せるようになります。ぜひ、姿勢のチェックを習慣にしましょう。

正しい姿勢を保つポイント

立っている時/頭上から吊られているイメージで。目線は水平に保つつもりでまっすぐ前へ。耳と肩の位置をそろえるつもりで。軽くあごを引く。腰を伸ばす。座っている時のポイント/椅子の背もたれに背中を沿わせるイメージで背筋を伸ばす。座面が広い場合はクッションなどで調整する。膝は直角になるように。できるだけ深く腰掛ける。

スロートレーニング ゆっくりした動作で筋肉の緊張を保ち、筋力を鍛えます。

安全に効果を出すために
  • ゆっくりした動作が大切。筋肉に力を入れ続ける意識で。
  • 動作の中で筋肉が休まないように「曲げ切らない」「伸ばし切らない」こと。
  • リズムの良い呼吸を意識し、踏ん張る時に呼吸を止めないこと。

レッグレイズ 下腹部の引き締め

①仰向けに寝ます。両膝を軽く曲げて足を浮かせて保ちます。※難しい場合は膝を深く曲げます。②ゆっくりと反動がつかないように3〜5秒かけて体の上まで上げます。ゆっくりと足を下ろします。
仰向けに寝ます。両膝を軽く曲げて足を浮かせて保ちます。
※難しい場合は膝を深く曲げます。
ゆっくりと反動がつかないように3〜5秒かけて体の上まで上げます。ゆっくりと足を下ろします。

トレーニングは5分間ほどかけて、無理のない範囲で繰り返しましょう。

【運動指導監修】アスレティックトレーナー 宮本大輔先生