食欲との上手な付き合い方/きれいのヒント

0120-556-096 受付時間/9:00〜20:00 (土日・祝日も受付)

お問い合わせはこちら

  • 標準
  • 拡大
  • 新規会員登録
  • ログイン

0点の商品が入っています

カートを見る

わくわく広場

  • ゆったり元気
  • うふふポイントプレゼント
  • アンケート

ゆったりくらそ、元気にすごそ。ゆったり元気

2015年07月

シミの種類と予防 私たちは、肌にできた茶色っぽいものをひとまとめにして「シミ」と呼んでいます。しかし、その種類・できる原因はさまざまです。年を重ねるごとにいっそう気になるシミの種類と防ぎ方を知っておきましょう。

シミにはさまざまな種類がある

シミの原因として最も多いのは「紫外線」と「刺激による炎症」です。
皮膚は、紫外線を浴びると炎症を防ぐ働きのあるメラニンという色素を生成します。
紫外線を浴び過ぎるとメラニンが過剰に生成されてシミの原因になるのです。
年を重ねるとともに頬や手の甲に現れる丸いシミも、長年にわたって紫外線にさらされた皮膚が大量にメラニンを生成したことが原因です。
一方、ニキビあと・カミソリ負けあとなどが黒ずむのは、皮膚が炎症に負けまいとしてたくさんのメラニンを生成するためです。
そのほか、女性ホルモンのバランスが崩れた時に現れる「肝斑 (かんぱん)」・遺伝性で10代の頃から現れる「そばかす」なども、日本人によく見られるシミの一種です。

イメージ

シミ予防には紫外線対策と美白ケア

これらのシミの中には、お手入れや治療で消えるものや徐々に薄くなるものも少なくありません。ところが、せっかく薄くなったシミも、紫外線を浴びてメラニンが生成されると、またもや濃くなるのです。
日差しがますます強くなるこれからは、シミができやすい時季。日焼け止めクリームや日傘で紫外線をカットする、美白ケアでできかけたシミにいち早く対処するなどの対策をしっかり行いましょう。
さらに、ビタミンCを含んでいる野菜や果物をたっぷり取り、できるだけシミを作らない生活を送りたいですね。

そのほかにもシミの原因が!

イメージスナック菓子や甘いお菓子を食べ過ぎるとビタミンやミネラルが奪われて細胞の働きが悪くなるため、シミが皮膚の内部に留まってしまいます。
イメージストレスなどによって自立神経やホルモンのバランスが崩れると色素細胞を刺激するホルモンが増え、メラニン色素が生成されます。
イメージ顔をゴシゴシ洗うのはNG。摩擦が加わると、皮膚は外的環境から体を守ろうとメラニン色素を大量に生成し、シミの原因となります。

スロートレーニング ゆっくりした動作で筋肉の緊張を保ち、筋力を鍛えます。

安全に効果を出すために
  • ゆっくりした動作が大切。筋肉に力を入れ続ける意識で。
  • 動作の中で筋肉が休まないように「曲げきらない」「伸ばしきらない」こと。
  • リズムの良い呼吸を意識し、踏ん張る時に呼吸を止めないこと。

ジャックナイフ お尻と下半身の引き締め

両足を肩幅くらい広げて立ち、足首またはすねを持ってしゃがみます。手を離さないよう注意しながら、3〜5秒かけて膝を伸ばします。
両足を肩幅くらい広げて立ち、足首またはすねを持ってしゃがみます。 手を離さないよう注意しながら、3〜5秒かけて膝を伸ばします。

トレーニングは5分間ほどかけて、無理のない範囲で繰り返しましょう。

【運動指導監修】アスレティックトレーナー 宮本大輔先生