笑顔を鍛えるストレッチ/きれいのヒント

0120-556-096 受付時間/9:00〜20:00 (土日・祝日も受付)

お問い合わせはこちら

  • 標準
  • 拡大
  • 新規会員登録
  • ログイン

0点の商品が入っています

カートを見る

わくわく広場

  • ゆったり元気
  • うふふポイントプレゼント
  • アンケート

ゆったりくらそ、元気にすごそ。ゆったり元気

2015年04月

笑顔を鍛えるストレッチ 春は出会いの季節。良い第一印象を与えるために欠かせないのが笑顔です。すてきな笑顔のために今日からできる簡単ストレッチを試してみませんか。

口角を上げる割り箸ストレッチ

すてきな笑顔の大切なポイントは口元です。笑うと自然に口角が上がりますが、さらに口角を引き上げると、笑顔をより明るい印象にすることができます。この時に働く口元の表情筋を鍛えるには、「割り箸ストレッチ」がお勧めです。1日に1〜2回を目安に継続して行い、一番イキイキと見える口角の高さを覚えましょう。

イメージ

目を大きく動かす上下左右運動

笑顔を輝かせるためのもう一つのポイントが目。表情豊かな目は笑顔をよりすてきに見せます。その目を柔軟に動かすためのストレッチが「目の上下左右運動」。目の周りの筋肉を使って目をできる限り大きく動かします。両手を上下左右の視界ぎりぎりの位置に広げ、それを見るつもりで目を動かすのがコツです。

笑顔の訓練は心にも効く

こうした笑顔を鍛える習慣は、心を穏やかにする効果もあります。笑顔に似た表情を作るだけでも、心地良さや楽しさを感じる神経伝達物質「ドーパミン」「セロトニン」が分泌され、心のバランスが保たれるのです。さあ、心身に良い効果をもたらすストレッチで、すてきな笑顔を輝かせましょう。

割り箸ストレッチ

割り箸を軽くくわえ、左右の口角を割り箸よりも上まで引き上げて30秒間キープ。この時の口角の高さを覚えましょう。※左右の口角を均等に整える効果もあります。割り箸を軽くくわえ、左右の口角を割り箸よりも上まで引き上げて30秒間キープ。この時の口角の高さを覚えましょう。
※左右の口角を均等に整える効果もあります。

目の上下左右運動

(1)眼球を上→右→下→左→上の順で動かします。(2)眼球を(1)と逆順で動かします。(3)眼球を素早く左・右に動かします。(4)眼球を素早く上・下に動かします。※いずれもやり過ぎに注意しましょう。1日1〜2回程度で十分です。 (1)眼球を上→右→下→左→上の順で動かします。
(2)眼球を(1)と逆順で動かします。
(3)眼球を素早く左・右に動かします。
(4)眼球を素早く上・下に動かします。
※いずれもやり過ぎに注意しましょう。1日1〜2回程度で十分です。

スロートレーニング ゆっくりした動作で筋肉の緊張を保ち、筋力を鍛えます。

安全に効果を出すために
  • ゆっくりした動作が大切。筋肉に力を入れ続ける意識で。
  • 動作の中で筋肉が休まないように「曲げきらない」「伸ばしきらない」こと。
  • リズムの良い呼吸を意識し、踏ん張る時に呼吸を止めないこと。

キックバック お尻と下半身の引き締め

床に肘と膝を付いて四つん這いになります。 ゆっくりと片足だけ伸ばし、3〜5秒かけて肩と一直線になるように上げ、ゆっくり戻します。反対の足で同じように行います。
床に肘と膝を付いて四つん這いになります。 ゆっくりと片足だけ伸ばし、3〜5秒かけて肩と一直線になるように上げ、ゆっくり戻します。反対の足で同じように行います。

トレーニングは5分間ほどかけて、無理のない範囲で繰り返しましょう。

【運動指導監修】アスレティックトレーナー 宮本大輔先生