爪のおしゃれ マニキュア/きれいのヒント

0120-556-096 受付時間/9:00〜20:00 (土日・祝日も受付)

お問い合わせはこちら

  • 標準
  • 拡大
  • 新規会員登録
  • ログイン

0点の商品が入っています

カートを見る

わくわく広場

  • ゆったり元気
  • うふふポイントプレゼント
  • アンケート

ゆったりくらそ、元気にすごそ。ゆったり元気

2015年02月

爪のおしゃれ マニキュア 正しく使えば爪の成分を守り、爪割れを防ぐ効果があるマニキュア。付けたり落としたりする時に欠かせない注意点をはじめ、上手に塗るコツについてご紹介します。

塗る前と後に爪を保護

マニキュアを塗る前に行いたいのが、爪の汚れをきちんと落とすこと。爪と皮膚の境目や先端などもよく洗い、油分やほこりを落とします。また、マニキュアを塗るだけで十分と思われがちですが、ベースコートをきちんと塗ると爪への色素沈着を防ぎ、マニキュアの上にトップコートを塗っておけばマニキュアを長持ちさせることができます。

イメージ

容器を振るのはNG

マニキュアを塗るときに注意したいことは、容器を振らないことと、ドロドロになったマニキュアの使用は避けること。どちらも塗った後から表面に小さな泡が出てくるので失敗の原因になります。また、マニキュアはできるだけ少ない回数で一気に塗ること。何度も塗り足すと泡や凹凸の原因になります。

除光液の種類を知ろう

マニキュアを塗ると爪が傷むという声を聞くことがありますが、実はマニキュアそのものではなく、除光液に含まれているアセトンという脱脂性の高い成分が爪を劣化させるとされています。頻繁に使う場合などは、アセトン不使用の除光液を選ぶのも一つの方法です。上手に使ってすてきな指先のおしゃれを楽しみませんか。

塗り方・取り方のコツ

両サイドから塗る
爪の端から塗ると爪の形に沿って塗りやすくなります。爪の付け根部分は1mmほどあけましょう。爪の端から塗ると爪の形に沿って塗りやすくなります。爪の付け根部分は1mmほどあけましょう。
爪先の縁にも塗って
爪の表面だけでなく、爪先の縁を塗ることも忘れずに。マニキュアが剥がれにくくなります。爪の表面だけでなく、爪先の縁を塗ることも忘れずに。マニキュアが剥がれにくくなります。
拭き取りは優しく
マニキュアを取る時は、除光液が染みたコットンを爪の上に数秒間置き、軽い力で拭き取ります。マニキュアを取る時は、除光液が染みたコットンを爪の上に数秒間置き、軽い力で拭き取ります。

動かずに気軽に筋トレ! Vol.11 道具を使わず短時間で筋力向上!

二の腕を鍛えるために

ぷるぷるの二の腕を引き締めたいけれど、腕立て伏せは苦手…。そんな方も壁を使ってできる腕立て伏せなら、気軽に続けられます。

1 2
壁から数10cm離れた位置で軽く足を広げ、両腕を肩幅くらいに広げて壁に手をつきます。 背筋を伸ばしたまま少しずつ肘を曲げて胸を壁に近づけ、少しずつ肘を伸ばして元の姿勢に戻ります。

※目標回数は10回(3セット)。
※体勢をキープする時間は、無理のない程度にしましょう。