白髪の原因と予防/きれいのヒント

0120-556-096 受付時間/9:00〜20:00 (土日・祝日も受付)

お問い合わせはこちら

  • 標準
  • 拡大
  • 新規会員登録
  • ログイン

0点の商品が入っています

カートを見る

わくわく広場

  • ゆったり元気
  • うふふポイントプレゼント
  • アンケート

ゆったりくらそ、元気にすごそ。ゆったり元気

2014年12月

白髪の原因と予防 できるだけ増やしたくないのに、年々増えていく白髪。どうして白髪は増えていくのか、白髪を増やさないためにはどんなことに気を付けると良いのかなど、白髪の原因と予防法についてご紹介します。

メラノサイトの働きが滞ると白髪の原因に!

毛髪が白髪になるのは、遺伝や加齢・生活環境や習慣・病気といったさまざまな理由が挙げられます。いずれも、毛髪の色のもとになるメラニン色素を作っている色素細胞「メラノサイト」の働きが影響していると考えられています。
髪の毛は、毛根にある毛乳頭から栄養分を取り込みながら脱毛と発毛を繰り返しており、メラノサイトが働く前の毛髪は白髪の状態なのだそう。つまり、メラノサイトの働きが滞ると、毛髪はメラニン色素を取り込むことができず、白髪のままになってしまうのです。

イメージ

食事・運動・睡眠が毛髪をイキイキさせる

白髪の発生を遅らせ、できるだけ少なく保つには、メラノサイトの働きを活発にすることがポイントです。そのためには、メラノサイトにたっぷりの栄養が送られること、頭皮の血流がスムーズであることが欠かせません。言い換えれば、バランスのとれた栄養豊かな食事、体の隅々まで血流を促すための適度な運動が大切なのです。さらに、メラノサイトは睡眠中に活発に働くので、たっぷりの睡眠も必要です。白髪を増やさないためにも食事・運動・睡眠の3つの点に気を付けて過ごしましょう。

積極的に取りたい!

メラノサイトの働きを活発にするために、大豆や肉に多く含まれるタンパク質・カルシウム・ビタミン類のほか、玄米やゴマに含まれる「亜鉛」、レバー・カキ・納豆に含まれる「銅」などを取りましょう。メラノサイトの働きを活発にするために、大豆や肉に多く含まれるタンパク質・カルシウム・ビタミン類のほか、玄米やゴマに含まれる「亜鉛」、レバー・カキ・納豆に含まれる「銅」などを取りましょう。

マッサージで血流を促す

洗髪する時は、指の腹で頭皮をやさしくマッサージしましょう。血行が良くなって頭皮の新陳代謝が促され、毛根に栄養が届きやすくなります。頭の前側から後ろ側の順で行い、首ももみほぐします。洗髪する時は、指の腹で頭皮をやさしくマッサージしましょう。血行が良くなって頭皮の新陳代謝が促され、毛根に栄養が届きやすくなります。頭の前側から後ろ側の順で行い、首ももみほぐします。

動かずに気軽に筋トレ! Vol.9 道具を使わず短時間で筋力向上!

立つ・座る動作のために

立ったり座ったりするのが億劫…。それはふくらはぎの筋力不足が原因かもしれません。
スムーズな動作ができるよう、ふくらはぎの筋力をつけましょう。

1 2
椅子に座った状態で膝に手を置く。 つま先立ちをして、かかとを一番持ち上げられるところまで上げる。

※目標回数は10回×3セット(10回ごとに少し休む)
※座って行っても立って行ってもOK。