頭皮の臭い対策/きれいのヒント

0120-556-096 受付時間/9:00〜20:00 (土日・祝日も受付)

お問い合わせはこちら

  • 標準
  • 拡大
  • 新規会員登録
  • ログイン

0点の商品が入っています

カートを見る

わくわく広場

  • ゆったり元気
  • うふふポイントプレゼント
  • アンケート

ゆったりくらそ、元気にすごそ。ゆったり元気

2014年06月

頭皮の臭い対策 頭皮の臭いが気になるという方が少なくないようです。とりわけ汗をかきやすい季節はいっそう気になりがち。今回はその臭いの原因と対策についてご紹介します。

臭いの原因は頭皮の汚れ

暑い季節は頭皮もたくさんの汗をかきます。
汗そのものには臭いはありませんが、頭皮の皮脂が汗と混ざり合って酸化すると、あの気になる臭いが発生するのです。
ほかにも整髪料やスプレー類などがシャンプーでは落ちきれず、毛穴に詰まった状態になると同じような臭いの原因になります。
つまり、頭皮の臭いは頭皮の汚れによって起こるのです。

イメージ

シャンプーし過ぎず、すすぎを念入りに!

臭いを防ぐには、まずはシャンプーで汚れをすっきり落とすこと。
ただし、シャンプーやリンスが頭皮に残ると雑菌が繁殖してやはり臭いの原因になるので、しっかりすすぐことが大切です。
ところが、洗い過ぎるのも要注意。
シャンプーの量が多すぎたり、ごしごし洗って皮脂を落とし過ぎると頭皮が乾燥し、その乾燥を補おうと頭皮が過剰に皮脂を分泌するのです。
すると、シャンプーをしているのに髪がべたついて臭いが発生しやすいという、思わぬ結果を招きます。
髪の汚れが気になる時は、シャワーや浴槽のお湯をかけてしっかり予洗いするか、適量のシャンプーで二度洗いするのがお勧めです。
また、シャンプーする時は指の腹で頭皮をマッサージするようにやさしく洗いましょう。

NG!臭いの原因に!

臭いの原因は頭皮の汚れ
濡れた髪で頭皮の湿度が高くなると雑菌が繁殖しやすくなり、臭いの発生につながります。濡れた髪で頭皮の湿度が高くなると雑菌が繁殖しやすくなり、臭いの発生につながります。
シャンプーを足す
泡立ちをよくしようとシャンプーを足すと、量が増える分、すすぎ残しが起こりやすくなります。泡立ちをよくしようとシャンプーを足すと、量が増える分、すすぎ残しが起こりやすくなります。
爪を立てて洗う
爪が頭皮にダメージを与えると、傷ついた頭皮が乾燥し、余分な皮脂を分泌します。爪が頭皮にダメージを与えると、傷ついた頭皮が乾燥し、余分な皮脂を分泌します。

動かずに気軽に筋トレ! Vol.3 道具を使わず短時間で筋力向上!

良い姿勢を保つために

お腹の筋力をアップすることで、体をより安定しやすくなります。ぽっこりお腹が気になる方も継続して行うことで効果を実感できます。

1 2
両手の手のひらを胸の前で合わせる。 ひじを横に張るようにして両手のひらを10秒間押しつける。

※目標回数は3回
※体勢をキープする時間は無理のない程度にしましょう。