蒸しタオルの活用法/きれいのヒント

0120-556-096 受付時間/9:00〜20:00 (土日・祝日も受付)

お問い合わせはこちら

  • 標準
  • 拡大
  • 新規会員登録
  • ログイン

0点の商品が入っています

カートを見る

わくわく広場

  • ゆったり元気
  • うふふポイントプレゼント
  • アンケート

ゆったりくらそ、元気にすごそ。ゆったり元気

2013年10月

蒸しタオルの活用法:温めてホカホカにした蒸しタオルは、肌のお手入れの心強い味方。その上手な活用法と注意点などについてご紹介します。

冷水と組み合わせて血行を促す

美容院などで蒸しタオルを首などに当ててもらい、気持ちが良かった経験がありませんか。それは蒸しタオルの温かさが血行を促したからです。
同じく、蒸しタオルを顔に載せると肌の血行が良くなり、肌トラブルの解消に役立ちます。ただし、蒸しタオルで温めたら、続いて冷たい水で洗顔するなど、上げた温度を下げるのがポイント。
温められて広がった血管が冷まされて縮まることで、血行が良くなり肌がイキイキするのです。

イメージ

毛穴が開いてお手入れ効果がアップ

温かい蒸しタオルには、毛穴を十分に開かせる効果もあります。
クレンジングの前なら毛穴の奥の汚れがぐんと落としやすくなり、スキンケアの前なら化粧水や美容液がより浸透しやすくなります。とはいえ、毎日続けて蒸しタオルを使うと肌を傷めることもありますので、1週間に1度くらいがお勧めです。
蒸しタオルは、およそ40度に温めて30秒ほど顔に載せましょう。その後、洗顔して冷水や化粧水で広がった毛穴を引き締めるのがポイントです。
血行を良くするだけでなく、肌のお手入れがより効果的になる蒸しタオルを気軽に取り入れてみませんか。

蒸しタオルの作り方

1.
2つ折りにしたタオルを水に漬け、ぎゅっと絞っても水滴が落ちてこなくなるまで絞ります2つ折りにしたタオルを水に漬け、ぎゅっと絞っても水滴が
落ちてこなくなるまで絞ります
2.
タオルをさらに4つ折りにし、くるくると巻いてコンパクトにまとめ、ラップまたは密閉袋などで包みますタオルをさらに4つ折りにし、くるくると巻いて
コンパクトにまとめ、ラップまたは密閉袋などで包みます
3.
電子レンジ(500~600W)でおよそ1分温めます。電子レンジ(500~600W)でおよそ1分温めます。
※温めの時間は電子レンジによって異なります
4.
やけどに注意しながらタオルを電子レンジから取り出し、いったん全体を広げて、熱過ぎないかどうかを確認してから使用しましょうやけどに注意しながらタオルを電子レンジから取り出し、
いったん全体を広げて、熱過ぎないかどうかを確認してから
使用しましょう

今月の簡単ストレッチ

ウエストをひねってシェイプアップ

ウエスト周りは、脂肪がつきやすい部分。ストレッチでおなか周りの筋肉に刺激を与え、シェイプアップしましょう。

ポイント
ウエストをしっかりとひねって、上半身を片側へ向けましょう。
ストレッチの基本
  • 1ポーズ10~20秒程度が目安。これを2~3回繰り返します。
  • ストレッチの間、呼吸は止めないようにしましょう。
  • 無理はせず、気持ち良いと感じる範囲で行ってください。

あぐらをかいて座り、左手で右脚のひざ(または、もも)を持って右向きに上半身をひねり、右手は床につきます ※左右両方行います