楓のCotoCoto
14/20

 頭とあわび煮安心感もひとり旅にはありがたい限り。まず織り込んだ目にも鮮やかな和の一皿。うぅ〜、これには辛口の日本酒を合わせたいところ(o^艸^o)。続いてお肉料理に上州牛とまほろばポークの石焼きをいただいたのですが、上州牛はお肉の味も濃く特性のタレに絡めて食べるとお肉の旨みが口いっぱいに広がります♪ほかにもお造り盛り合わせや小鍋料理など色々とお料理をいただいた中で私がハートを射抜かれたのは”蓮根饅頭にすることなく全身で喜びを表すことができますヽ(´▽`)/。(笑)個室にカメラがついていたら恥ずかしい…。いや…いっそのこと、厨房にスクリーンで映してほしいくらいお料理を作ってくださった方へ敬意を込めての静かな小躍り。椅子から落ちそうになりながら一人食事の時間を楽しんでいると、トントントンとドアをノックする音が。『大夕食はお食事処でいただきます。個室という運ばれてきた前菜の盛り合わせは、旬の食材を菜の花のカステラや鴨のロース煮、穴子の煮凝りなど、一口ごとに広がる小さな幸せにほっぺが緩み、目も糸のように細くなってしまいます。とあわび煮の一品“。風味豊かなお出汁の味がとても美味しくて、あわびはすごく柔らかく噛むほどに貝の味とお出汁の風味が合わさって「もう最高〜」個室なので、周りの人の目を気変だ、やはりカメラが!?』と思ったら…。蓮根饅■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■13

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る