楓のCotoCoto
11/20

 「角打ち」とは、酒屋さんの店内に設けられたスペースで立ち飲みを楽しむこと。本来なら購入したお酒を楽しむのですが、ここ「土屋商店」さんではお店にある地酒の中からおすすめランキングを作られていて、そこにあるお酒なら1杯からグラスでいただけるのです(o^艸^o) ワクワクソワソワ♪「こんにちは〜」とお店に入ると奥から寡黙そうな店主の方が…。一瞬緊張したのですが、角打ちを利用したい旨伝えるとダンディなハットを被り、音楽を流して迎えてくださいました。一気にバーテンダーさんへ変身ですさすが一番推薦ともあって、口当たりまろやか、香りもフルーティーでいくらでも飲めてしまいそうです。お酒をめたいところなのですが、どうしても仕草や表情から酒中で「どぶろく」は、噛んで飲むお酒といっていいほどお米の粒々が感じられ甘みもあって、これもまた美味しい!気付けば店主さんともお酒や温泉の話で会話が弾みれた句を見て、納得!!その句は…「この店に、来るためはこのお店の大ファンになり後ろ髪をひかれる思いでお店を後にするのでした。ニューNo.1の日本酒からいただくことに。「ん〜手にニンマリ。クールな店主さんを前に私もクールに決好きが洩れてしまいます。さ、次々…。いただいたお酒の「一句書いていかないか?」と色紙を渡されました。楓作「楽しき時間、旨し酒、最高の草津旅なり」おそまつ…。(笑)そんな中、カウンターの奥にあった常連さんの詠ま旅館予約する」…分かる!本当にその通りまずはおすすめメ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■10■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■!!と、帰りに」

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る